2次会のお祝いについて

贈り物

会費以上のお金は出さない

結婚式の後に開かれる2次会には会費が設定されていることがほとんどです。これは会費を設定することで気軽に参加しやすくするためのものです。お祝いのつもりで会費以上の金額を出そうとする人がいますが、それは逆に迷惑になってしまう、余計な心づかいをさせてしまうということを理解しておきましょう。

2次会の会費の渡し方

2次会の会費をご祝儀袋に入れて渡す方は意外と多いのですが、2次会の会費については丁寧にご祝儀袋に入れる必要はありません。むしろご祝儀袋に入れて渡してしまうと受付で迷惑になってしまう場合もあるので、そのまま渡すようにしましょう。

お祝いは後日渡そう

どうしても会費以外に何か渡して祝ってあげたいという場合は、お金をプラスするのではなく何かプレゼントを贈ってあげると良いでしょう。ただし、2次会の場で渡してしまうと荷物になってしまいますし、変に気をつかわせてしまいます。どうしても結婚祝いを別で渡したい場合は後日渡すか、郵送で送ってあげると良いでしょう。

新郎新婦に負担をかけないことが大切

大切な人をできるだけ祝ってあげたいという気持ちはとても素晴らしいものですが、その気持ちが新郎新婦の負担になってしまっては意味がありません。会費の決められた2次会では会費以上は出さず、どうしてもというときは、後日お祝いの品などを贈ってあげるようにすると良いでしょう。

広告募集中