結婚祝いを郵送するときは

婦人

こんなときは郵送で

結婚式に招待してもらったけど参加できないときには郵送で結婚祝いを送ってあげるといいでしょう。また、結婚式には招待されていないけれどお祝いしてあげたいときにも郵送が最適です。結婚式に呼んでいない人から直接手渡しでお祝いをもらうのは萎縮してしまうものなので、郵送がピッタリなんですね。

郵送方法に注意

郵送で結婚祝いを贈るときには郵送方法に注意しましょう。定形郵便などで送ることもできなくはないのですが、万が一紛失などのトラブルにあってしまった場合、追跡や補填を受けられなくなってしまいます。また、「現金を郵送するときには現金書留で」という決まりがあるので、その決まりに則って送る必要があります。

ポストの利用はできない

現金書留で結婚祝いを送る場合、普通の手紙を送るときのようにポストに投函することはできません。現金書留には保証がつくのでそのための窓口での手続きが必要となります。郵便局での現金書留の手続きには印鑑が必須となるので、印鑑を忘れないようにしましょう。

現金をそのまま入れない

結構よく起こりがちなミスなのですが、現金書留で専用の封筒があるからといって現金を裸のまま入れてはいけません。きちんとご祝儀袋を用意して、それに包んだ上で現金書留用の封筒に入れて送るようにしましょう。

郵送時にもマナーを守って

結婚式に参加できないなどの事情で結婚祝いを郵送で送る場合のマナーについて紹介してきました。結婚祝いを郵送で贈る場合は現金書留を使用するなどのマナーがあるので、そういったマナーに気をつけながら郵送するようにしましょう。

広告募集中